常設ストーブにファイヤーアントを加える

新品のエンバーリット・ファイヤーアント・ステンレスに火を入れました。今後は庭置きっ放し常設ストーブとして活躍してもらいます。

ファイヤーアントはもともとチタン製を持っていました。でもチタン製はヘロヘロなので、頑丈でしっかりしたステンレス製(板厚が違うのかも)の方を常設ストーブ用に購入しました。ファイヤーアントも仕様変更されていて、新たに火蟻のマークが刻印されています。

写真左からマジックフレーム、ファイヤーアント、ブッシュボックスLFで、この3台が常設ストーブとなったわけです。人数、気温、薪のサイズ、焚き火ができる時間など、サイズが異なる3台があればTPOに応じて使い分けできます。

ちなみに、常設ストーブ3台はこのようにスタッキングできるので、狭い焚き火場に置きっ放しにしても邪魔にはなりません。もちろん畳めばもっとコンパクトになりますけど、常設のためのストーブなので畳むことはほとんどありません。今後は当ブログでよく登場すると思います。

庭焚き火では常設ストーブがあると便利

庭焚き火では外に置きっ放しの常設ストーブがあると便利です。したいときにすぐ焚き火ができるのが庭焚き火の良いところ。庭に出て常設ストーブに薪を詰めて火を入れれば、もう焚き火の始まりです。焚き火が終わって消火したらそのまま放置です。ストーブが冷めるのを待ったり、煤を洗ったりは必要ありません。

常設しているのはマジックフレームとブッシュボックスLFステンレスという2台のタフなストーブ。肉厚で磁石につかない錆びにくいステンレスで作られています。風雨に晒される庭という環境で、使用頻度が高い常設ストーブには頑丈で錆びにくいことが求められます。

ストーブを集めていると、色んなストーブで焚き火を楽しみたくなります。写真はその日の気分で選んだエレメントストーブでの焚き火風景です。その傍らには常設ストーブが写っています。常設ストーブは他のストーブの補助役としても使っています。この2台は最も信頼できるストーブだと言えますね。

ブッシュボックスLFも新しくする

ブッシュボックスLFステンレスも新品に交代させることとなりました。マジックフレームを新しくした焚き火趣味10周年記念とは別の理由によるものです。

あまりにもよく使うためにバックアップ用に買ったんですが、わずか1年ほどの間に仕様変更されていました。正面のメーカー名が抜き文字から刻印に簡略化され、表面仕上げもマット調になっています。そこで古い方をバックアップ兼保存用にして棚に飾り、新しい方を普段使いとすることにしました。

新しいストーブに火を入れるときはいつも緊張します。この儀式的な焚き火を終えると、自分だけのストーブになった感じがして愛着が沸くんですよね。