小さなノスタルジック焚き火ストーブの世界

MSRチタンケトルと3ストーブズ

3ストーブズ・1MSRチタンケトルを購入した理由は、ずっと憧れていて、ノマディックトレッカー(写真中)に乗せたかったからですが、それだけではないんです。お気に入りのスルク46・LCTストーブ(左)とゼルフ・ウッドガズ(右)に乗せるという目的もあるんです。この二つのストーブには所有しているトークス・750mlポットが細くて乗せられないので。

3ストーブズ・2スルク46・LCTストーブ(Suluk46 Large Collapsible Titanium Stove)は当ブログ初登場です。カメラの広角側で撮っているのでポットが大きく見えるけどベストサイズですよ。ストーブに薪も炎も無いのは、忙しくて焚き火をする時間がないから。寂しい写真になってしまいました。

3ストーブズ・3こちらはゼルフ・ウッドガズ。MSRチタンケトルは最先端のスタイリッシュなストーブにも、手作り過ぎる素朴なストーブにもマッチしますよね。このポットを買ったのは、お気に入りの3ストーブズのため、というわけなんです。

スルク46・LCTストーブノマディック・トレッカーゼルフ・ウッドガズMSRチタンケトル