焚き火ストーブサイズ比較ギャラリー

主な焚き火ストーブのサイズが実感できるように、スノーピーク・チタントレック700を乗せて撮影しました。写真をクリックすると拡大写真になる写真ギャラリーです。
ストーブが同じ比率に、ポットが同一サイズになるように、カメラを三脚で固定して同じ距離、同じ焦点距離で撮影しています。
・レンズの焦点距離は50mm(35mm換算)、撮影距離は約55cmで撮影しています。
・ブログで紹介した全てのストーブを掲載しているわけではありません。SP700が乗らないもの(マジックフレームなど)、あまりメジャーではないと思うものも除外しています。

なぜスノーピーク・チタントレック700が基準?

基準としたのはSP700です。購入した2016年当時はどこのショップでも取り扱っていて、価格も定価3800円(税別)とお手軽で、購入価格は3600円ほどでした。誰もが知っていて一度は見たことがある最もポピュラーなポット・クッカーということで選定しました。今では廃盤となってしまい、出会う機会はほとんど無いと思いますので、サイズを記載しておきます。
サイズ:本体直径95mm、最大直径105mm、高さ113mm(突起部含まず)

MSRチタンケトル版はこちらへ

タイトルとURLをコピーしました