カテゴリー: 焚き火スタイル

気が付けば、トークスばかり

気が付けば、トークスのポットが増殖していました。トークスを買う理由はただ一つ、欲しいポットがトークスにしか無いから。他には無いチャレンジャーなモデルがあってバリエーションが豊富なところが魅力です。太さ(D)によって種類分けされ、リッドが共通という点も画期的だと思います。当方で所有しているのはD95mmばかり。庭でコーヒーや紅茶を飲むための湯沸しに使うだけなので、このサイズが丁度良い。ただ残念なことにモデル数がかなり減ってしまいました。

最初に買ったのは750mlベイルハンドル付きです。焚き火用に最適ではと思って。購入時はチタンのベイルハンドル付きはトークスしかありませんでした。今はハンドルの向きがサイドハンドルに対して真っ直ぐなタイプ(写真右)しかありません。これはカップとして直接口を付ける人向きです。以前は直角に付いているタイプ(写真左)があって、こちらはケトル的な使い方向きです。一時期は混在していて、どちらのタイプも入手できました。ちなみに、同じポットが2個あっても無駄ではありませんよ。焚き火ストーブを2台並べて湯沸し競争をするというような楽しみ方ができます。

次に買ったのは600mlロングハンドル。少ない容量でチタンでリッドがあってロングハンドルってありそうで無いんですよ。トークスだけじゃないでしょうか?小さい焚き火ストーブではベイルハンドルよりロングハンドルの方が使いやすいことがわかり、最近はこれをメインポットにして焚き火用とアルコールストーブ用の2個を使い分けています。そうそう、かなり前に同サイズでzippoブランドのチタンケトルというのが販売されていましたね。注ぎ口があるのが魅力ですが、ロングハンドルタイプなのにハンドルが短くて・・・。

さらに800mlを購入。コーヒー3杯分のお湯を沸かしたくて。この径で大容量のロングハンドルも少ないですよ。ベルモント・チタンクッカー850とカップヌードル型チタンクッカーくらいでは。ベルモント850は安価なので試しに買ってみたんですけど、ハンドルが短くてリッドのつまみが立たず目盛が無いのが不満で。でも絞り加工(よくあるのはプレス加工)が気に入っているので、大容量を活かして中に色々と収納して外出用にと考えています。カップヌードル型は底面が細くて五徳との相性が悪くて買いませんでした。

こうなると欲しくなるのがハンドルが無い“750ml without handle”。目盛が無いのが残念です。焚き火とアルコールストーブで試したところ、水を少なめにしたら軍手で上部を掴むことができました。550mlより750mlの方が背が高い分だけ持ちやすいでしょうね。ここは使いにくさを楽むことが大事だと考えます。

ただし、トークスはあんまりお薦めはしません。トークスは日本上陸当初はお洒落ブランドでしたけど、じつはあの国メーカーでアルコールストーブのことで何事かあったりして、今はウーンなイメージです。やっぱりクオリティーがねぇ。口が歪んでいてリッドがピッタリ収まらなかったり、底が膨らんでいるものがあったり、リッドのつまみ不良もありました。使用上は問題ないレベルですけど。
あと、新品を買ったら念入りに油分を洗浄した方がよさそうです。洗剤とスポンジで洗った程度では落ちず、水が玉になってはじかれます。スノーピークやエバニューなどは洗剤で普通に洗ってすぐに使えました。機械油だと気になるので、重曹や灰などでポットごと煮込んだ方が安心ですよ。

常設ストーブにファイヤーアントを加える

新品のエンバーリット・ファイヤーアント・ステンレスに火を入れました。今後は庭置きっ放し常設ストーブとして活躍してもらいます。

ファイヤーアントはもともとチタン製を持っていました。でもチタン製はヘロヘロなので、頑丈でしっかりしたステンレス製(板厚が違うのかも)の方を常設ストーブ用に購入しました。ファイヤーアントも仕様変更されていて、新たに火蟻のマークが刻印されています。

写真左からマジックフレーム、ファイヤーアント、ブッシュボックスLFで、この3台が常設ストーブとなったわけです。人数、気温、薪のサイズ、焚き火ができる時間など、サイズが異なる3台があればTPOに応じて使い分けできます。

ちなみに、常設ストーブ3台はこのようにスタッキングできるので、狭い焚き火場に置きっ放しにしても邪魔にはなりません。もちろん畳めばもっとコンパクトになりますけど、常設のためのストーブなので畳むことはほとんどありません。今後は当ブログでよく登場すると思います。

庭焚き火では常設ストーブがあると便利

庭焚き火では外に置きっ放しの常設ストーブがあると便利です。したいときにすぐ焚き火ができるのが庭焚き火の良いところ。庭に出て常設ストーブに薪を詰めて火を入れれば、もう焚き火の始まりです。焚き火が終わって消火したらそのまま放置です。ストーブが冷めるのを待ったり、煤を洗ったりは必要ありません。

常設しているのはマジックフレームとブッシュボックスLFステンレスという2台のタフなストーブ。肉厚で磁石につかない錆びにくいステンレスで作られています。風雨に晒される庭という環境で、使用頻度が高い常設ストーブには頑丈で錆びにくいことが求められます。

ストーブを集めていると、色んなストーブで焚き火を楽しみたくなります。写真はその日の気分で選んだエレメントストーブでの焚き火風景です。その傍らには常設ストーブが写っています。常設ストーブは他のストーブの補助役としても使っています。この2台は最も信頼できるストーブだと言えますね。

ブッシュボックスLFも新しくする

ブッシュボックスLFステンレスも新品に交代させることとなりました。マジックフレームを新しくした焚き火趣味10周年記念とは別の理由によるものです。

あまりにもよく使うためにバックアップ用に買ったんですが、わずか1年ほどの間に仕様変更されていました。正面のメーカー名が抜き文字から刻印に簡略化され、表面仕上げもマット調になっています。そこで古い方をバックアップ兼保存用にして棚に飾り、新しい方を普段使いとすることにしました。

新しいストーブに火を入れるときはいつも緊張します。この儀式的な焚き火を終えると、自分だけのストーブになった感じがして愛着が沸くんですよね。

焚き火趣味10周年記念に相棒のマジックフレームを新しくする

2008年秋から焚き火を趣味にして、この秋で10周年を迎えました。10周年の記念に何か特別なことをしたいと考えて、相棒のマジックフレームを新品に交代させることにしました。

これがストックしてあった新品のマジックフレームNGです。火を入れる前の写真も記念に撮っておきます。緊張しますね。

新しい相棒よ、ようこそ!よく燃えてくれます。もう前面パネルが変形してきました。焚き火ストーブって使い込むことで焼けて歪んで、それが趣となって愛着が沸くものなんですよね。

これは愛用していたマジックフレーム。6年間ほぼ庭に置きっ放し状態でも全く問題ありません。1年間庭に置いてあるブッシュボックスLF・ステンレスと比較しても、若干熱錆が出ているものの進行している感じはありません。ちなみに、どちらも磁石につかないステンレス製です。6年間酷使した相棒はコレクション棚に飾ることにします。

よく使うストーブはバックアップがあると安心

バックアップとは壊れたときの予備というのか保険というような意味で、同じストーブを複数台持つということです。レコードコレクターの複数持ちと同じような感覚でしょうか。ストーブが壊れたとことはないですが、使用頻度の高いモデルはバックアップが無いと不安になるという厄介な性格なんです。エンバーリット・ミニはファイヤーアントと入れ替えに廃番になってしまいましたね。

興味深いのは品名・型番が同じでも、勝手に微妙に仕様変更していることです。この2台のエレメントストーブを比較すると、未使用の新しい方は縦のスリットが入りっています。ゴトクのバーを刺して、アルコールストーブか何かを入れて使うのでしょうか?とくに使い方の説明は無いようです。

残念なのはメーカー名とメイドインUSAの刻印が無くなっていることです。2個目を買うときには変更箇所をチェックして、どちらを保存・バックアップ用にするか決めます。もちろん刻印入りの使い古した旧型の方を保存用にしました。
他にもマジックフレームなど、いくつかのストーブを複数持ちにしていますよ。