空き缶のようなエバニュースタンドDX

エバニューDXとチヌーク・ティーケトルエバニューのアルコールスタンドDXです。薪を燃やすようにも作られています。空き缶に穴を空けたホボウストーブ(Hobo Stove)の高級チタン版という感じですね。見掛けによらず頑丈でぐらつかず、重いステンレス製のチヌーク・プラトゥーティーケトルに水を半分くらい入れて、ちゃんとお湯を沸かせます。

エバニューバラ分解すると火床はこのくらい歪みます。ただ、円筒形の部分は熱でも歪まないようで、組み立てがスムーズにできます。チタン板を丸めて作っているので、クッカーとは異なり裏には継ぎ目があります。

バーゴとエバニュー1バーゴ・ヘキサゴンストーブと並べると高さはあまり変わりませんね。エバニューの方がチタン板が薄いみたいですが、ヘロヘロ感がなくてバーゴよりもしっかりしています。金属板は曲げると強度が増すし、精度が高いので、クッカーを乗せても不安定な感じは全くしません。

バーゴとエバニュー2エバニューは容量がすごく小さいのがわかります。クッカーなどを乗せるときは、薪を横から入れるバーゴと違い、薪が上に出ないようにかなり小さくしないと駄目ですね。お湯を沸かすことはできても、焚き火を楽しむということでは、これが小ささの限界だと思います。

タイトルとURLをコピーしました