庭焚き火では常設ストーブがあると便利

庭焚き火では外に置きっ放しの常設ストーブがあると便利です。したいときにすぐ焚き火ができるのが庭焚き火の良いところ。庭に出て常設ストーブに薪を詰めて火を入れれば、もう焚き火の始まりです。焚き火が終わって消火したらそのまま放置です。ストーブが冷めるのを待ったり、煤を洗ったりは必要ありません。

常設しているのはマジックフレームとブッシュボックスLFステンレスという2台のタフなストーブ。肉厚で磁石につかない錆びにくいステンレスで作られています。風雨に晒される庭という環境で、使用頻度が高い常設ストーブには頑丈で錆びにくいことが求められます。

ストーブを集めていると、色んなストーブで焚き火を楽しみたくなります。写真はその日の気分で選んだエレメントストーブでの焚き火風景です。その傍らには常設ストーブが写っています。常設ストーブは他のストーブの補助役としても使っています。この2台は最も信頼できるストーブだと言えますね。