始まりはマジックフレーム


最初の購入した焚き火ストーブはマジックフレームです。焚き火の基本は大工さんの一斗缶焚き火です。ただ、一斗缶の焚き火は大き過ぎて近所から苦情が来てしまいますから、これを小さくしたようなマジックフレームで焚き火を始めました。


マジックフレームは1mm厚のステンレス製。蝶番で折り畳みできます。2台あるのは左側が初代、右側が2代目のNGです。あまりにも気に入ってしまったので2台持ちです。今販売されているのは3代目のNGプラスですね。

マジックフレーム3
アウトドア用なので、畳むとペッタンコになります。ハガキより少し大きいサイズになりますね。ただ、焚き火をしていると歪んでくるので、畳みにくくなってきます。ステンレスも熱を加えるとサビるそうです。ただ、鉄のようには進行しないので問題はありません。


初代とNGとの違いは穴にペグを刺して色々と使えるようになったことです。ただ、空気穴には小さすぎるようで、焚き火に使うだけなら不要な穴ですね。他には角が丸くなったくらいで、ほとんど変わっていません。ここから色々と焚き火ストーブを集めることになるのですが、未だに一番のお気に入りです。

タイトルとURLをコピーしました