小さなノスタルジック焚き火ストーブの世界

今はこのサイズがお気に入り

エンバーリット・ミニ4最近のお気に入りはエンバーリット・ミニです。ずっとメインにしていたマジックフレームが少し大きく感じて、今はミニのサイズが一番使いやすくて。エンバーリットが発売されたときは何てカッコイイんだ!と感激したのをよく覚えています。なかなか日本に入ってこなかったんですよ。プレス加工されていないミニは、古き良きエンバーリットという雰囲気が好きですね。

エンバーリット・ファミリーとマジックフレームマジックフレームを大きく感じる理由は、最近増えたファイヤーアントなどの超小型ストーブでの焚き火に慣れたからでしょう。ただ、ファイヤーアントで焚き火というのはちょっと小さ過ぎます。マジックフレームとエンバーリット・ファミリーを並べるとサイズ差はこのくらい。ちなみにエンバーリットで最初に買ったのがこのミニです。

ストーブ達ミニに近いサイズはこのあたり。左からバーゴ・ヘキサゴン、笑’s・BP120(旧型)、クルーシブル・ストーブ、エンバーリット・ミニ、エレメント・ストーブ、ゼルフ・ウッドガズストーブです。このくらいのサイズは種類が少ないので、もっと充実してくれないかなぁ。

エレメントストーブマジックフレームエンバーリット・オリジナルBPウッドストーブ120エンバーリット・ミニファイヤーアントゼルフ・ウッドガズバーゴ・ヘキサゴンエンバーリットクルーシブル・ストーブ