ファイヤーアントの炎写真

新しいエンバーリット・ファイヤーアントの初火入れ写真を撮っていたら、ちょっといい感じの炎が写っていたのでブログ記事にしちゃいました。焚き火は小さい方が炎がまとまって良い写真になります。

撮影データは焦点距離50mm(35mmフィルム換算)、F3.2絞り優先オート、ISO400、ホワイトバランスオート、曇りの夕方4時ごろ、トリミング加工無しです。今回は炎を撮影するのが目的ではなかったので、露出を絞り優先オートで撮っていますが、炎は常に明るさが変化しているのでマニュアル露出がお薦めです。