小さなノスタルジック焚き火ストーブの世界

エレメントストーブが仕様変更していた

エレメントストーブ・新型エレメントストーブを買いました。2個目なんですが、じつはいくつかの使用頻度が高いストーブは2個持ちにしているんです。レコード・コレクターが視聴用と保存用の2枚持ちにするのと同じような作戦です。ただし、必ずしも新しい未使用品を保存版にするとは限りません。仕様変更されている場合は古い方を保存版にすることもあります。

エレメントストーブ・スリット拡大やっぱり仕様変更されていました。ちょうど仕様変更の記事を書いたばかりでした。大きな変更点は縦にスリットが2本入っていること。ここにゴトクバーを入れて、アルコールストーブなどを置くように改良されたのでしょう。もともと現行のストーブは第三世代(3rdジェネレーション)なんですが、今回は第四世代にするほどの変更ではないと判断したのでしょう。

エレメントストーブ・刻印もう一つの変更は側面「TATO GEAR」と正面右下「MADE IN USA」の刻印が無くなったことです。機能には関係ないのですが、ここは残して欲しかったですねぇ。

エレメントストーブ・仕様変更ロゴの刻印の有無が決め手となり、仕様変更前の古い方を保存版にします。古い方はかなり使い込んで育ててきたので愛着がありますしね。ちなみにメーカーサイトの写真は古いままですよ。


11月3日追記
エレメントストーブ・ゴトクバーゴトクバーを差し込むスリットが少し深くなっていました。今までゴトクバーが外れやすかったんですが、より深く差し込めるようになってかなり改善されました。写真では微妙な差でわかりにくいですけど、使ってみるとぜんぜん違います。

エレメントストーブストーブコレクション